英会話スクールに行こうトップ

英会話スクールに行こうトップ2

英会話スクールの料金

レッスンに通う以上、教材を買うのは不可欠ですが、スクールの中には悪質な教材費で利益を稼いでいるところもあります。できれば、最初に何万円もする教材の大量購入をさせるようなスクールには気をつけたいものです。一度に購入してもそうそう使いきれるものでもありませんし、本当に必要かどうか、購入しないとレッスンについていけないのかといった点を確認しましょう。その時に必要な教材を、その都度購入できるような良心的なスクールを選ぶことが重要です。当然ですが、英会話スクールによって掛かる費用は様々になります。高すぎるからと、安い所を選ぶと内容がなく、いい加減な授業だったということもあります。ここでもまずは、興味のあるスクールに行って、じっくりと話を聞くことが重要です。費用が何に対するものか、支払い方法はどうなのか、さまざまな質問に誠意を持って答えてくれるところをあなたのスクールとして選ぶのがよいでしょう。

 

たいていの場合、料金には大きく分けて2種類で、一括前払い制と月謝・学期払い制になるでしょう。この料金別で英会話スクールを選ぶ場合、「一括前払いではないところ」を選ぶといいと思います。月謝制では授業に魅力がなければすぐに学校を辞めることができますので、経営内容に緊迫感があり生徒を逃がさないための工夫や、授業内容の充実など気を抜かずやる必要がありますが、前払い制の場合は一度払ってしまったら生徒はやめにくいし、生徒が途中で挫折して通わなくなっても学校側は困らないということから、企業体制が緩慢になりがちです。そういった理由から、一年や二年分の前払いを要求するところは辞めた方が良いと思います。学期制を取っているところが一学期分の前払いを要求するのはしかたありませんが、それも半年程度が限度なので、それ以上を要求するのは理に適っていません。ちなみに、一括前払いをローンで払うというのと、月謝制とでは、似ているように見えても中身は全く違います。学校が倒産した場合、月謝制ならば既に払い込んだ分だけ損すればすみますが、ローンは残ってしまいますし、自分からやめる場合も、月謝制ならそこまでの分ですみますが、ローンの場合はやめた後でも清算分を払いつづけることになるので注意しましょう。

 

また、英会話スクールによっては解約のときに注意が必要な場合もあります。その英会話スクールのルールによって考えていたよりも損してしまう場合があるのです。具体的な名前を出すと、例えばベルリッツは消化したレッスンの単価を契約した時の単価よりも、高く計算されてしまい、戻ってくる金額がかなり少なくなってしまうのです。毎月の分だけ払う月謝制もありますが、今はどこも解約に応じてくれるので問題ありません。受けてないレッスンの分は戻ってきますが、悪徳な業者もまだ残っているかもしれませんので、念のため見学のときに確認しましょう。それでも入会金は戻ってこないので了承しておきましょう。ちなみに、月謝制のところはレッスンも毎週決まっている固定制になっていますので、安心です。

Valuable information

Last update:2017/8/18