英会話スクールに行こうトップ

英会話スクールに行こうトップ2

英会話スクールの講師

英会話教室はネイティブの講師を売りにしているところがほとんどですが、当然日本人の講師もいます。いったいどちらが良いのか、これは一概には言えません。一般的にネイティブの方が良いと思われがちですが、よく考えましょう。確かに英語を母国語として話している人達なのですから、彼らの言葉を真似し続ければよいと考えられます。子供たちや長いスタンスで習得を考えている場合はそれでも良いかもしれません。しかし、短期間で実際に使える英会話を身に付けたい場合は、指導力のある人物から教わる方が能率が上がると言えます。就労ビザを取得して英会話教室で働いているネイティブ講師の場合、「大学卒業単位保持者」と言う条件で来ている人がほとんどです。この単位というのは『英語教育』である必要は無く、芸術でも化学でもなんでも良いのです。ということは、英語を指導・教育することに向いている人もいれば、そうでない人もいるということです。その点、日本人講師の場合は『英語を教育することをトレーニングされた人』が多いので、日本人の弱点を知っており効率よく指導してくれる場合が多いのです。また、日本語で分らないところを質問することも可能になりますので、どちらが良いとは言えないのではないでしょうか。

 

ネイティブ、日本人にかかわらず、講師のよしあしは学校によってかなり差があるようです。判断材料として、新聞やインターネットで講師の採用広告が見られるならば、その条件を読んで講師の質を推測することもできますし、自分の目的に応じて必要な資質をもった講師を抱えている学校を選びましょう。体験レッスンも講師の質を知ることのできるいい機会なのですが、体験レッスンにはその学校でいちばんいい講師が出てくることが多いので、それだけで全部の講師が同じ出来だとは考えないほうがいいでしょう。可能ならば通常のクラスを見学させてもうのが一番です。クラスの生徒数が4人以上の場合、たいていグループワークといって生徒同士で会話や作業をさせる時間が出てきます。このとき、講師がなにをしているのかチェックしましょう。ときどき生徒の様子を見もせずに自分は内職をしているといったとんでもない講師もいます。

 

日本のほとんどの英会話スクールは、講師を選ぶときに英語教授能力をあまり重視せず、生徒勧誘に役立つかどうかという観点で選んでいるという現実があります。このような英会話スクールの雇用方針は、生徒を集めるビジネスを重点においているということになり、非常に残念です。日本の英会話スクールでは、講師の多くを英米人が占めていますが、これはあまり、よくない傾向で、英会話スクールの教師のほとんどを英米人、しかも白人が占めているということは、英会話スクールは日本人が学ぶ場所ではなく、ただ単に欧米人が働く場所でしかない。という考え方も出てきているほどです。つまり、日本人の多くが英米人から英語を学ぶことは、日本人を国際的にするどころか、欧米人に対する畏怖の念を植え付けられているといった結果にもなりかねないということです。何にでもいえることですが、あまり見た目だけで評価せずに、その人がやっていることを評価することが大切ですね。

recommend

東京の葬儀検索

Qoo10でショッピング

Last update:2018/12/5